水面下で離婚を計画する人が増えている?

 

 

af9920070402w

 

 

 

皆さんは計画離婚という言葉をご存知でしょうか?文字通り、離婚をあらかじめ計画して行うことです。再婚、水面下で離婚を計画する人が増えているそうです。
離婚の際には、慰謝料、財産分与、子供の親権と言った、様々な問題が発生します。これは主に、離婚の原因となった理由がどちらにあるのか、といった部分が決め手になります。そのため、一般的には、離婚を言い出した方が不利になるケースが多いようです。離婚調停における最大の判断基準は、結婚生活を継続することが「著しく困難」なのかどうかということです。この「著しく困難」というところがポイントで、お互いに努力して解決できるような困難であれば、責任が平等かこれに近い判断になってしまいます。平等になるということは、離婚を言い出した方が悪くなってしまい、上記の財産分与を受けられなくなってしまう危険があります。そのため、上手に離婚するために相手に知られずに水面下で準備を進め、離婚の際に自分が不利にならないようにする人が増えてきているのです。
離婚は本来は避けたいものです。しかし、どうしても離婚しなければならない場合には、自分が不利にならない様に離婚後の生活を考え、準備してから離婚することをお勧めします。