‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

相手を怒らせないように、穏便に暮らすこと

2014/02/10

世の中には縁あって結婚したのに、離婚を考える夫婦も多いのです。好きで愛し合て結婚しても年数が経てば、相手の嫌な部分が見えてきたり、思いやりに欠けてきたり、経済感覚が不一致であることに気づいたりするのです。愛が無いのに夫婦関係を続けていくことは不可能です。そのためより自分の人生を大切に生きて行こう、自分らしい生き方を貫こうと考え別れを決める人も多いのです。離婚する際に最も重要になるのがその後の経済や収入、財産分与だと言えます。しかし相手にあからさまに怒りや不満をぶつけ、逆上させると相手も計画的に離婚しようと考え始めます。すると財産など隠されても困るので、離婚前は怒らせないで穏便に生活し、したたかに計画的に離婚計画を実行する方が得策だと言えます。穏便に何も不平不満が無いかのように生活上では振る舞い、むしろ自分が家庭に居ない生活が成り立たないぐらいに夫に尽くす演技をすることが大事です。妻なしでは生きられないと思わせて不意打ちに離婚をつきつけるのです。夫は妻を信じ切っていたので財産を隠す暇もなく、妻にとって有利な離婚裁判に持ち込むことができるのです。こうした不意打ちの離婚宣告は、妻にとって精神的にも報われる瞬間なのです。

離婚計画以外のストレスを抱えないようにすること

2014/02/10

 

 

離婚という作業を進めていく中では、ストレスが加わってくることがあるようです。
手続きをしなければいけないので、それに割く時間も必要です。作業がスムーズに進めばいいのですが、印鑑を押し渋ることがあったりすると、迷いや悩みという感情が、イライラを引き起こしてしまったりして、ストレスになってしまうこともあるかもしれないですね。
ですが、もう用紙をもらってきているのであれば、1回別れてしまった方が、スッキリサッパリする可能性もあります。
問題を複雑にしてしまわないために、まずはもう事を進める以外のストレスを、省いてしまっては如何でしょうか。
不仲になってしまったというだけでも、今までストレスもあったはずです。まずは、その負担の原因になっている人間関係から、お互いに離れてしまった方が、心が晴々とするかもしれないですよ。
とりあえず、悩ましい状況から抜け出すために、着実に明るい未来に進めていくことを、計画していきましょう。重たい荷物を縛り付けて、前に進むことを止めていきましょう。
これからも、関係を続けていくことが、これ以上は困難であるという事実を受け止め、お互いに縛られていたことから解放されるのだと、自由を手にする喜びの方に、目を向けてみると良いかもしれませんよ。

自分の財産はギリギリまで明かさない

2014/02/10

 

 

男のみなさん、多かれ少なかれ財産というのは、所有しているのは当然の事なのでしょう。そこで、自分の財産を夫婦であれば、分け合うというのも当然の話なのです。
しかし、夫婦と言えどもいろいろあるわけですが、円満な夫婦もあれば、冷めきっている夫婦、はたまた相手の浮気や金銭面で離婚を考えている夫婦も、中にはいるのです。そこで、相手のせいで離婚を考えているのに、財産まで持って行かれては、相手の思うツボなのです。それから、男の人であればほとんどが、相手より先に亡くなられる事も多いので、財産は相手に行く事となります。したがって、相手より先にという点も踏まえて、そうならない為にも、事前の準備が必要となります。
では、財産の問題はどうすれば良いのか?という疑問が残るわけですが、やはり信用できない相手なら、財産はギリギリまで明かさないのが鉄則なのです。それでも、最初は信用できたのに、後からというのもよくある話なのです。それから、信用というのは双方で成り立っているものに過ぎません。
ですから、徐々にお互いの信用、すなわち信頼関係を築いていける事が1番の鍵となって来るのです。また、信頼・信用できる相手というのを判断材料にして頂く事をオススメします。

準備が整うまで、離婚を悟られないように

2014/02/10

離婚をするということは、女性にとってメリットがある場合も多くあります。
しかし経済力のない女性の場合は、きちんと準備をする必要があるのです。
もしも仕事もお金もない状態で別れるとなると、自分にとってその後の人生がとても大変になってしまいます。
ですので、きちんとその後の生活をしていくことが出来るようにしっかりと基盤を整えていくようにしましょう。
それだけではなく、しっかりと慰謝料ももらうことが出来るように、先手を打っておくことも必要です。
もしも相手の浮気などが原因で離婚を考えているのであれば、慰謝料をもらえるようになります。
しかし言い逃れをされてしまったり、証拠がないようであれば慰謝料をもらうことが出来なくなってしまうのです。
ですので、きちんと証拠集めもするようにしなくてはならないでしょう。
離婚をするための条件もきちんと考えておくことが必要です。
自分に十分なメリットがあるように着々と水面下で進めていくようにするのです。
離婚を悟られてしまうことによって証拠をつかめなくなり、別れる時に慰謝料をもらえなくなってしまうかもしれません。
ですので、相手に悟られないようにすることで計画通りに進めていくことが出来るでしょう。

 

af9920070402w

計画離婚中に絶対不倫をしてはいけません

2014/02/10

計画離婚中の人は、絶対に不倫をしてはいけません。なぜなら、不倫をしたほうが離婚の有責配偶者となり、慰謝料請求の対象となる可能性があるからです。これは、離婚を考えている人が男性であろうと女性であろうと同じです。慣例的に、離婚のときの慰謝料は男性が支払うという印象が根強いですが、実際は、離婚事由になりえるような夫婦生活を続けられなくなる原因を作った人が有責配偶者となりますので、男性でも女性でも、不倫をした人、相手に暴力をふるったり、家庭に帰ってこない等で家族関係を作ることができない状況を作った人が慰謝料請求の対象となりえるのです。不倫は、夫婦生活を続けられない事由となるばかりか、婚姻関係を結んだ夫婦間での貞操義務に違反したこととなるため、民法によって離婚事由として規定されているのです。法的な不貞行為とは、性交の有無によって判断されますが、それに至らないまでも、疑われる程度の肉体的な接触や複数回にわたる会合、過度で親密なメールや電話のやり取りなどは、裁判になったときの心象に影響する可能性があるため、控えるに越したことはありません。あくまで相手側の引き起こした事由によっての離婚に持ち込むのであれば、注意が必要です。

周囲の協力を得られるようにしておく

2014/02/10

 

 

af9920070402w

 

縁あって結婚までした男女が、年月を得て、色々なことに遭遇し、また付き合っていた頃とは、違った面を見て戸惑ったりしながら、生活を共にし、家族の日常生活を維持しながら送ってきた結果、どうしても相容れないものを感じ、結局、夫婦が別々の人生を選択してしまうことがあります。二人が納得した後の別れでしたら、問題が少ないのですが、一方が夫婦生活の上で、問題を作ったのにも関らず、その内容を了解しない時に、問題が起こってしまいがちです。子供がいますと、その点でも、後のことを考えて行かなければならず、母子の生活全般から学校のことなど、多方面において、心配ごとを少なくしていく方法を、選ぶほうが良くなります。それには、実家の両親は勿論のこと、周囲の協力を得られてサポートを受けられるような、体制に持っていく必要があります。何が何でも、自分だけで子供を育てるには限度があり、ある程度両親などの協力がないと、自分が働いて養っていくことが、大変難しくなってしまいます。いつも健康で、生活していけるとは限らなく、無理がたたって病気をしてしまったり、小さい子は特に、環境の変化に敏感で、急な発熱をしたりと、働く母にとっては気苦労が多いものです。

計画別居のススメ

2014/02/10

 

 

人生を共に過ごすと誓ったものの夫婦は他人です。

一緒に生活ができなくなった場合は、別居も考える事もあると思います。

別居をする場合は、今後の生活の事を考えてから行動に移さなければいけません。 計画別居の第一歩は、別居を開始する時期を定める事です。ようするに別居期間をどのくらいとるかを考えておく事が必要です。

そして、その期間中の生活費などを主たる生計者に要求する話合いを行っておかなければいけません。 この別居中の生活費などに関する費用を婚姻費用といいます。

この婚姻費用に関しては、二人だけの口約束や書面でなく、公証役場へ二人で行き、公的な書面で取り決めをしておく事が好ましいです。 なぜならば、公正証書を作成しておけば、婚姻費用の支払いが滞った場合、支払いの義務がある者の給与差し押さえを要求する事ができるからです。

このように、別居に向けての準備を行い、第三者からみて事実上婚姻生活が破綻しているという事になれば、離婚調停などでも調停員は離婚理由として納得します。

さらには、離婚が成立した場合も子供がいる場合などは、養育費や面会について取り決めをしなければいけません。 これについても、公証役場で公正証書を作成しておいた方が将来的に安心ぢて第2の人生を歩めると思います。

夫の財産を把握しておく

2014/02/10

離婚を進めるために必要な知識としては、住居の確保や生活費の確保、子どもの問題、離婚後に必要な変更届などに関するものがあります。住居の確保に関しては、離婚して最初に問題になることなので、実家がある場合には実家に戻るという選択肢もあります。実家にいると経済的な支援も受けられ、子供の面倒を見てもらえるので、短期間で自立することが出来るメリットがあります。生活費の確保については離婚後の経済的自立にも関わることなので、夫の財産をしっかりと把握して、別れた夫からの慰謝料や養育費などが正当な金額で受け取ることが出来るようにすることが重要です。専業主婦であった場合には離婚をする前にまず仕事先を見つけるのが先で、今まで夫婦共働きだった家庭でも収入が減ってしまう分をどのようにするか対策を立てなければなりません。このために知っておきたいこととしては、市町村の窓口や福祉事務所に公的扶助の受給資格などがあるかどうか確認をすることです。確認をして受給資格がある場合には、離婚によって収入が減った分を公的扶助で賄えます。子供に関しては積極的にコミュにケーションをとり、子どもの利益を最大限考慮することが重要で、保育園などの預け先なども前もって確認しておくことが必要です。

 

af9920070402w

計画離婚には証拠集めが必須です

2014/01/22

 

 

結婚相手が浮気をしていたり、DVをしてくるような場合、確実に離婚をする為には第三者が見ても分かるような確実な証拠が必要です。
証拠があれば裁判になった場合も離婚が成立しやすく、慰謝料の請求も通りやすいので、まずは結婚相手に離婚を切り出す前に確実な証拠集めが必要です。
まず浮気の場合ですが、これは確実に不倫相手と結婚相手が肉体関係を持っているという証拠が必要です。
確実なのは興信所や探偵に依頼する方法ですが、自分である程度の目星をつけているのならば、こっそり跡をつけてラブホテルへ出入りする写真などを入手しておきましょう。
またDVの被害を受けている場合ですが、病院へ行くほどの酷い怪我ならば、医師の診察を受ければ診断書などを作成してくれるので、病院へ行って治療を受けましょう。
それ以外の場合でも、「何月何日にどのような被害を受けた」という事を詳細にメモに残し、写真や動画などの記録を残しておきましょう。
また警察や支援施設などへ相談に行った場合も、後々証拠として採用される場合が考えられるので、出来れば被害にあったときは家にこもらずに、第三者に治療や相談を受けて、客観的にも分かるような明確な証拠を残しておく事が必要になります。
これらがあれば、自分の望むような離婚をする事が可能になるでしょう。