計画離婚中に絶対不倫をしてはいけません

計画離婚中の人は、絶対に不倫をしてはいけません。なぜなら、不倫をしたほうが離婚の有責配偶者となり、慰謝料請求の対象となる可能性があるからです。これは、離婚を考えている人が男性であろうと女性であろうと同じです。慣例的に、離婚のときの慰謝料は男性が支払うという印象が根強いですが、実際は、離婚事由になりえるような夫婦生活を続けられなくなる原因を作った人が有責配偶者となりますので、男性でも女性でも、不倫をした人、相手に暴力をふるったり、家庭に帰ってこない等で家族関係を作ることができない状況を作った人が慰謝料請求の対象となりえるのです。不倫は、夫婦生活を続けられない事由となるばかりか、婚姻関係を結んだ夫婦間での貞操義務に違反したこととなるため、民法によって離婚事由として規定されているのです。法的な不貞行為とは、性交の有無によって判断されますが、それに至らないまでも、疑われる程度の肉体的な接触や複数回にわたる会合、過度で親密なメールや電話のやり取りなどは、裁判になったときの心象に影響する可能性があるため、控えるに越したことはありません。あくまで相手側の引き起こした事由によっての離婚に持ち込むのであれば、注意が必要です。