計画離婚には証拠集めが必須です

 

 

結婚相手が浮気をしていたり、DVをしてくるような場合、確実に離婚をする為には第三者が見ても分かるような確実な証拠が必要です。
証拠があれば裁判になった場合も離婚が成立しやすく、慰謝料の請求も通りやすいので、まずは結婚相手に離婚を切り出す前に確実な証拠集めが必要です。
まず浮気の場合ですが、これは確実に不倫相手と結婚相手が肉体関係を持っているという証拠が必要です。
確実なのは興信所や探偵に依頼する方法ですが、自分である程度の目星をつけているのならば、こっそり跡をつけてラブホテルへ出入りする写真などを入手しておきましょう。
またDVの被害を受けている場合ですが、病院へ行くほどの酷い怪我ならば、医師の診察を受ければ診断書などを作成してくれるので、病院へ行って治療を受けましょう。
それ以外の場合でも、「何月何日にどのような被害を受けた」という事を詳細にメモに残し、写真や動画などの記録を残しておきましょう。
また警察や支援施設などへ相談に行った場合も、後々証拠として採用される場合が考えられるので、出来れば被害にあったときは家にこもらずに、第三者に治療や相談を受けて、客観的にも分かるような明確な証拠を残しておく事が必要になります。
これらがあれば、自分の望むような離婚をする事が可能になるでしょう。