相手を怒らせないように、穏便に暮らすこと

世の中には縁あって結婚したのに、離婚を考える夫婦も多いのです。好きで愛し合て結婚しても年数が経てば、相手の嫌な部分が見えてきたり、思いやりに欠けてきたり、経済感覚が不一致であることに気づいたりするのです。愛が無いのに夫婦関係を続けていくことは不可能です。そのためより自分の人生を大切に生きて行こう、自分らしい生き方を貫こうと考え別れを決める人も多いのです。離婚する際に最も重要になるのがその後の経済や収入、財産分与だと言えます。しかし相手にあからさまに怒りや不満をぶつけ、逆上させると相手も計画的に離婚しようと考え始めます。すると財産など隠されても困るので、離婚前は怒らせないで穏便に生活し、したたかに計画的に離婚計画を実行する方が得策だと言えます。穏便に何も不平不満が無いかのように生活上では振る舞い、むしろ自分が家庭に居ない生活が成り立たないぐらいに夫に尽くす演技をすることが大事です。妻なしでは生きられないと思わせて不意打ちに離婚をつきつけるのです。夫は妻を信じ切っていたので財産を隠す暇もなく、妻にとって有利な離婚裁判に持ち込むことができるのです。こうした不意打ちの離婚宣告は、妻にとって精神的にも報われる瞬間なのです。